ホームページのSEO対策

ホームページにSEOを施すことで、後発組でも中小企業でも競合を一気に抜き去るWeb戦略を立案できます。ブラックなSEO対策を実施することなく成果を出すために、日夜、検証中!

ライバルに勝つ ホームページを 作る

勝つホームページのスタイル

投稿日:

ライバルページのチェック項目は、内部最適化のための項目と外部最適化のための項目に分かれます。

まずは本章で内部要因をチェックして改善していき、内部最適化に努めましょう。

内部最適化が完了したら、次は次章で外部最適化を行います。

 

内部最適化はその名の通り、ホームページ内部、つまりホームページ自体の構造を検索エンジンに評価されやすい形に改善することが目的です。

ホームページはHTMLというホームページを記述するためのプログラミング言語で構成されています。

ビジネスの現場で取りかわされるビジネス文書に一定のルールがあるように、ホームページを作成する際に使用するHTML文書にも一定のルールがあります。

そしてこのHTMLのルールを知って正しく守ることが内部最適化になります。

ビジネス文書では、まず書面の左上に相手の名前を左寄せで書き、自分の名前はその右下に右寄せで書くことが一般的です。

そしてその文書が本社が移転したことを取引先にお知ら

せするものであれば、「本社移転のお知らせ」とその文書で一番伝えたいことを要約した言葉を中央揃えで書きます。

また、文章を「拝啓」で始めたのであれば、結びは「敬具」と書かなければなりません。

これがいわゆる、ビジネス文書を作成する上での基本的なルールです。

こういったルールをまったく無視して、好き勝手に書いた文書を取引先に送ったらどうなるでしょうか?

伝えたいことは伝わるかもしれませんが、ほとんどの場合、「まともに文章も書けない常識のない会社だ」と相手からの評価を下げてしまうことになるでしょう。

これと同じように、検索エンジンのロボットは、それぞれのホームページに書かれたHTML文書を見て検索結果の順位決定を行っています。

HTML文書の書き方がルールにのっとったものでなければ、たとえどんなによいことが書いてあったとしても、そのページに高
い評価を与えることはないのです。

 

なお、こういったHTML文書のルールを、ホームページ制作の現場では、「WEB標準」という言葉で表現することがあります。

一般的に「WEB標準」とは、「W3C」という団体が中心となって取りまとめている、標準的に利用される技術の総称のことをいいます。

この「W3C」のサイトでは、作成したホームページのHTML文書がWEB標準に基づいたものかどうかをチェックすることができます。

この「W3C」のサイトでのチェックに合格するページを制作することは、文書構造の正しいHTML文書を書くことにつながるため、SEO対策を行う上でもよい影響を与えることが多いでしょう。

しかし、検索結果の順位を判断するのは検索エンジンのロボットであり、W3Cという団体ではありません。

HTML文書がWEB標準に基づいたものかどうかは、検索エンジンのロボットからすれば、順位を決定するひとつの判断材料にしかすぎません。

そのため、WEB標準に基づいたページでなくても、検索結果上位に表示されているホームページも数多く見受けられます。

また、WEB標準に基づいたページでも、検索結果の上位に表示されることなくアクセスのまったくないページも数多く存在します。

SEO対策を行う上で大事なのは、W3Cの視点ではなく、検索エンジンの視点、つまり検索エンジンのロボットがHTML文書のどの部分を重要視しているかを知ることなのです。

検索エンジンのロボットが、HTML文書のどの部分を重要視しているかのポイントを理解し、ライバルページのHTML文書の記述を調査して、ライバルが見落としている対策を自分のページに施すことで、ライバルページより上位に表示させることができます。

ライバルページのHTML文書の記述を見る方法は、ウェブブラウザがインターネットエクスプローラの場合は、ブラウザ上部のメニューの[表示(V)]をクリックして、[ソース(C)]をクリックすることで簡単に調べることができます。

内部最適化のためのライバルチェック項目は次の5項目になります。

ライバルのホームページを構築するHTML文章と、あなたの会社のホームページのHTML文章を比較して①〜⑥の順で見ていきましょう。

  1. タイトルタグ(〈title〉タグ)
  2. メタタグ(〈mata〉タグ)
  3. 見出しタグ(〈h〉タグ)
  4. 段落タグ(〈p〉タグ)、リストタグ(〈li〉タグ)
  5. 強調タグ(〈strong〉タグ)
  6. 画像タグ(〈alt〉タグ)

HTML文書は、〈head〉から〈/head〉に囲まれたHEAD要素と、〈body〉から〈/body〉に囲まれたBODY要素の2つに分けることができます。

タイトルタグとメタタグはHEAD要素に含まれていて、それ以降の〈h〉タグや〈p〉タグなどはBODY要素に含まれています。

上から順に、まずHEAD要素を見て、続いてBODY要素を見るという流れでHTML文章を見比べて、各項目ごとにチェックしていきましょう。

ad

ad

-ライバルに勝つ ホームページを 作る

執筆者:

関連記事

no image

ページへの誘導率を高める

メタタグは、ウェブブラウザ上では直接表示されませんが、検索エンジンのロボットに対 してホームページの概要などを伝える役割を持つものです。   メタタグは、head要素に記述されていてタイトル …

no image

ページ内の見出しを整理する

見出しを表す〈h1〉〈h2〉〈h3〉〈h4〉〈h5〉〈h6〉という表記で表す見出しタグが次の チェック項目です。 見出しのレベルには6段階あり、〈h1〉に近いほど見出しの重要度は高くなり、文書内の見出 …

no image

ライバルページの手軽な分析方法

ここまで説明してきたタイトルタグや見出しタグなどの書き方は、検索エンジンのロボットにそのページがどういった内容のページなのかを正確に伝え、自分のページを評価してもらうための、いわば「ホームページの書き …

no image

ページ内の重要ポイントにキーワードを配置する

次のチェック項目は見出しタグと同じように、文章の構成を表す役割を持つ段落タグです。 段落タグは文章中の内容的なまとまりを示す要素になります。 ページ内のいくつかの文章を段落分けするときに、〈p〉タグ( …

no image

ライバルページのキーワード出現頻度をチェックする

内部最適化におけるライバルチェックの最後の項目は上位表示したいキーワードの出現頻度になります。 検索エンジンのロボットに対して、「そのページがどんなキーワードに対するページなのか」を伝えるには、本文中 …

  • サイトマップがもたらす意外な効果
  • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべて ...
  • HTMLを軽量化する
  • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上 ...
  • 重要部分を強調する
  • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチ ...
  • メールマガジンの発行
  • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売す ...
  • ソーシャルブックマークの利用
  • ソーシャルブックマークサイトは、自分のお気に入りのホームページを、インターネット上で不特定多数の人に公開する目的で使用することができるサイトのことです。 通常であれば、自分がお気に入りとしてブックマー ...