ホームページのSEO対策

ホームページにSEOを施すことで、後発組でも中小企業でも競合を一気に抜き去るWeb戦略を立案できます。ブラックなSEO対策を実施することなく成果を出すために、日夜、検証中!

キーワードを選定し、ライバルをチェックする

勝てるキーワードの選択

投稿日:

SEOのライバル探しのために、まずは上位表示したいキーワードを選定します。

キーワードが選定されていなければ、そもそも誰がライバルかわからない状態といえるでしょう。

勝負したいキーワードで検索したときにあなたの会社のホームページより上位に表示されたホームページがライバルになります。

 

本来のSEO対策を行う目的は、どんなキーワードでも頑張って上位に表示させるということではなく、あくまでもあなたのホームページに最適なアクセスを集めるということです。

たとえば、目的が同じでも、キーワードによっては、ライバルページがさほど強くなかったり、そもそもライバルページが少ないなどの理由で上位表示が簡単で、かつ、売上がどんどん上がるようなキーワードもたくさんあります。

日常のビジネスでも、競合のいない場所を探して商売を行うことは、効率的に売上を上げるためには必要なことだといえるでしょう。

インターネットビジネスでも同じように、競合の少ないキーワードをしっかりと選んだ上でSEO対策を行うことが、効率的に売上を向上させるためには重要なことなのです。

 

会社の「業種」や「販売しているもの」などをキーワードに選定しようと考える人は多いと思います。

たとえば、あなたのホームページが中古車販売業者のホームページならば、「中古車販売」「車販売」「中古車買い取り」などがキーワードとして真っ先に思いつくでしょう。

このとき、間違っても「車」などというキーワードにはしないようにしましょう。

「車」という単体のキーワードには、「中古車を買いたい(売りたい)」という人以外も集まってきます。

たとえば「車の写真が欲しい」や「新車の値段を調べたい」という欲求を持った人です。

それに加えて、このようなキーワードでは、新車専門店のホームページや車の写真のホームページもあなたのライバルページとなってしまいます。

売上につながらない訪問者も招き入れ、さらにライバルも増やしてしまうと、せっかくのインターネット集客の意味がなくなってしまいます。

あなたの商品や会社を、知りたい人だけに知らせるというSEMの価値が薄れてしまい、これではチラシのポスティングなどでの不特定多数に向けた宣伝となんら変わりがありません。

ですから、キーワードはあなたの会社の商品やサービスに興味を持つ見込み客が検索するようなキーワードに選定することを心がけましょう。

 

ちなみに、「来てほしいお客さんが検索するようなキーワード」といいましたが、だからといって会社名や店舗名にするのは得策ではありません。

もちろん来てほしいお客さんが検索するようなキーワードではありますが、それでは会社名や店舗名を知らない人は絶対に検索
しないので、顧客の新規獲得はありえません。

そうではなく、「エリア名+業態(またはサービス名)」)などというキーワードで勝負しましょう。

SEO上だけでなく、実際のライバルも近くにある他の同業者のはずです。

このように、実際のライバルからキーワードを選定するのもよいでしょう。

 

「では、社名や店舗名で調べたい人はほおっておくのか?」と思われた方もいるかもしれませんが、それには心配及びません。

そもそも、社名や店舗名というキーワードには、ライバルがいないので、あなたのホームページが必然的に上位表示されるはずです。

全国には同じ社名や店舗名が他にもあるかもしれませんが、同じエリアにあることは珍しいでしょう。

「社名や店舗名+エリア名」検索すればあなたのホームページが上位表示するはずです。

 

ad

ad

-キーワードを選定し、ライバルをチェックする

執筆者:

関連記事

no image

1ページ1メインキーワードの原則

検索結果の上位表示を目指すキーワードの選定では、楽に上位表示ができて、かつ、会社のサービスや商品の成約に結びつきやすいものを選ぶことが理想です。 そのようなキーワードを見つけるためにも、まずは、あなた …

no image

複合キーワードの考え方

より売上につながりやすい、「複合キーワード」の概念についてお話します。 複合キーワードとはいくつかのキーワードを組み合わせて作るキーワードのことです。 着物をレンタルしたいという目的で情報を探している …

no image

アクセス解析からキーワードを考える

「自分のページにアクセスしている人が、どのようなキーワードで検索しているか」を分析するアクセス解析にはアクセス数を調べるだけではなく、どんなキーワードでアクセスされているかがわかる機能があります。 キ …

  • サイトマップがもたらす意外な効果
  • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべて ...
  • HTMLを軽量化する
  • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上 ...
  • 重要部分を強調する
  • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチ ...
  • メールマガジンの発行
  • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売す ...
  • ソーシャルブックマークの利用
  • ソーシャルブックマークサイトは、自分のお気に入りのホームページを、インターネット上で不特定多数の人に公開する目的で使用することができるサイトのことです。 通常であれば、自分がお気に入りとしてブックマー ...