ホームページのSEO対策

ホームページにSEOを施すことで、後発組でも中小企業でも競合を一気に抜き去るWeb戦略を立案できます。ブラックなSEO対策を実施することなく成果を出すために、日夜、検証中!

ライバルのホームページに勝つには

検索ユーザーは2ページまでしか見ない

投稿日:

私は、出張が多いので、出張するときは、宿泊先のホテルを探して予約するために検索サイトを利用します。

たとえば、新宿に滞在する場合は、「新宿+ホテル」というキーワードで検索します。

そして、表示された検索結果に並んだホテルのページを上から順番に見ていって、自分が泊まりたいホテルが見つかればそのホテルに予約を入れます。

 

プライベートで高級ホテルに泊まるつもりなら、サービス内容や部屋の内装などが気にな
るので、じっくりとさまざまなホテルのページを見た上で決めるかもしれません。

でも仕事で出張の場合は、さすがにホテルの予約に1時間も2時間も時間をかけてはいられません。

ほとんどの場合、検索結果の上位10〜20件くらいをざっと見て、予約するホテルを決めてしまいます。

検索結果の50位に表示されているホームページで紹介されているホテルが、もしかしたら安くて、豪華で、駅近で……と好条件ぞろいのホテルかもしれませんが、そこまで見にいくことはありません。

 

「新宿+ホテル」と検索をかけてホテルを予約する人は、私以外にも日本中にたくさんいると思います。

そして、そういった人の多くは、やはり私と同じように、上位10〜20件くらいをざっと見て予約するホテルを決めてしまうのです。

 

これをホームページを経由して予約をしてもらいたいホテルの側から考えると、「新宿+ホテル」で上位20件までに表示されていれば新しいお客さんを検索エンジンから集めることができるが、21位以下だとホームページを見てもらうことすらできない、ということになります。

 

検索ユーザーの大半が、検索結果の上位20位(通常設定の場合、検索結果ページの2ページ目)までしか見ずに、そこで目当てのページが見つからなければ違うキーワードで再検索を行うのは、さまざまな調査結果から一般的なこととして考えられています。

そのため、SEO対策をはじめとする検索結果のページを利用したマーケティング(SEM)を行う際は、どんなキーワードで対策を行うにせよ、検索結果ページの2ページ目までに自分のページを表
示させることを目的にします。

そうでなければインターネット経由でアクセスを集めることはできないのです。

つまり現時点で、もしあなたの会社のホームページが検索結果ページの3ページ目以降(21位以降)に表示されているのであれば、まずは最低でも2ページ目(20位以内)に表示されるようにすることが、SEO対策を行う上での最初の課題となります。

そして、2ページ目に表示されているのであれば1ページ目(10位以内)を目指し、できるだけ上位に表示されるよう努力しながら、最終的には1位を目指し対策を行っていくことが、訪問者の増加、売上の向上につながるのです。

 

もちろん、何らかのビジネスを行っていてホームページを開設しているのであれば、SEO対策の最終的な目的は検索結果の1位に表示されることではなく、売上の向上です。

「どんなキーワードを入力して検索する人をターゲットにするのか」を考えて上位表示を狙うキーワードを選定したり、実際に自分のページが検索結果ページに表示されたときにそのページを見ている人がクリックしたくなるように、ページタイトルや説明文を工夫するSERP(SearchEngineResultPage:検索結果ページ)対策などを並行して行っていく必要があることを忘れないようにしましょう。

 

ad

ad

-ライバルのホームページに勝つには

執筆者:

関連記事

no image

ライバルを抜き去るSEOのススメ

これまで数多くのお客様からホームページからの売上向上についての相談を受けて、さまざまなキーワードでSEO対策を行ってきました。 キーワードによっては、検索結果の上位に表示させるのに非常に苦労する場合も …

no image

検索エンジンの仕組み

検索エンジンでは、まず「クローラー」と呼ばれるロボットプログラムが、インターネット上に無数に存在するウェブページを、それらのページに張られているリンクをたどりながら巡回を行い、データを収集していきます …

no image

ライバルを抜き去るSEO対策の手順

労力を最小限に抑えて結果を出すための省エネSEOは、次の流れで行っていきます。   まずは、「キーワードの選定」でライバルと戦うキーワードを決めます。 キーワードは、自社のサービスや商品に関 …

no image

検索結果を上位に押し上げる2つの要因

検索エンジンが、検索結果の順位を決定するときに用いる技術のことを、「検索アルゴリズム」と呼びます。   アルゴリズムという言葉には、「コンピュータを使ってある特定の目的を達成するための処理手 …

  • サイトマップがもたらす意外な効果
  • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべて ...
  • HTMLを軽量化する
  • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上 ...
  • 重要部分を強調する
  • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチ ...
  • メールマガジンの発行
  • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売す ...
  • ソーシャルブックマークの利用
  • ソーシャルブックマークサイトは、自分のお気に入りのホームページを、インターネット上で不特定多数の人に公開する目的で使用することができるサイトのことです。 通常であれば、自分がお気に入りとしてブックマー ...