ホームページのSEO対策

ホームページにSEOを施すことで、後発組でも中小企業でも競合を一気に抜き去るWeb戦略を立案できます。ブラックなSEO対策を実施することなく成果を出すために、日夜、検証中!

ライバルサイトを追い抜く対策

相互リンクの成約率を高めるためには

投稿日:

まったく知らない人に対しての相互リンクの依頼は、もともと友人でも知人でもないことを考えると、すべてがうまくいくことはまずありません。

私の経験上、いくら相手にとって印象のよい相互リンク依頼のメールを送ったとしても、無視されることもしばしばで最初のうちは10人中3人〜4人が承諾してくれれば、うまくいっていると考えてよいでしょう。

 

しかし、いくら相互リンクの依頼メールを送っても承諾してもらえないのであれば、依頼を受ける側の立場になって、自社のホームページを改善する必要があります。

たとえば、作ったばかりのホームページでほんの数ページしかなく、しかも、どのページも中途半端だったりすると、誰もそんなホームページと相互リンクしたいなどとは思わないでしょう。

もしも、あなたの会社のホームページがそのような状態であれば、相互リンクの依頼よりも先に、まずある程度のページ数を増やし、内容を充実させることを考えなければ
なりません。

 

自分の会社ホームページのページ数を増やすことは、実はそれだけでも、SEO対策上で効果があります。

なぜなら、リンクは、おおまかに「内部リンク」と「外部リンク」の2つに分けて考えることができるからです。

「内部リンク」とは、その名が示すとおり、自分のホームページの内部でのリンクのことで、トップページに戻るためのリンクや次のページに進むためのリンクのことを指します。

これに対し、「外部リンク」とは、相互リンクなどの外部からのリンクのことを指します。

 

これまで説明してきたことからおわかりいただけるように、検索エンジンのロボットは、原則として「たくさんのページからリンクされているページは価値のあるページ」という考え方のもと、それぞれのホームページを評価しています。

そのため、たとえ内部リンクであっても、そのホームページ内のたくさんのページからリンクされているページは、やはり価値のあるページだと判断するのです。

 

私のクライアントの中には、検索結果のページに表示されるのは、ホームページのトップページだけだと勘違いされている方がいます。

実際は、検索エンジンはトップページであっても個別の記事ページであっても、それぞれひとつのウェブページとして独立して評価しています。

ホームページの構造上、トップページには最も多くのリンクが張られることになるので、そのぶん個別記事ページよりも検索結果の上位に表示される確率が高く、こういった勘違いをしてしまうのでしょう。

もちろん、SEO対策を行う上では、ただ単にページ数だけ増やせばいいというものでは
ありません。

アンカーテキストに適切なキーワードを盛り込み適切なリンクの形での内部リンク対策を行いましょう。

そうすればページ数が増えれば増えるほど、それぞれのページの評価が高まるようになるのです。

 

ライバルのホームページの内部リンクをチェックするときには、トップページに戻るリンクに「TOPへ戻る」というアンカーテキストを使用していたり、他のページへのリンクに「次のページに進む」といったアンカーテキストを使用していないか見てみましょう。

このような形で内部リンクを張っているホームページをよく見かけますが、これはSEO対策上、あまりよいこととはいえません。

もしもライバルのホームページがこういった形で内部リンクを張っているなら、あなたの会社のホームページでは、きちんとキーワードを盛り込んだアンカーテキストで内部リンクを張っていきましょう。

検索結果での上位表示を考えるのであれば、「次のページに進む」というアンカーテキストよりも、リンク先のページの内容を表す「行政書士の費用についてのページに進む」としたほうが、検索エンジンのロボットからの評価も高まるのです。

そして、内部リンクに関しても、関連するテーマのページからのリンクは評価が高くなります。

たとえば、ペット販売のホームページを作成しているのであれば、犬についての記事、
猫についての記事、うさぎについての記事というようにテーマごとにひとまとめにして、それぞれ犬なら犬の記事同士をリンクさせ合うような型にしましょう。

そうすることで、検索エンジンからの評価が高まるだけでなく、なにより訪問者にとって使い勝手のよいページ構成になるのです。

 

リンク対策を行う上でのポイントは、検索エンジンのロボットに認識されて、すでにインデックスされたページからのリンクでなければ意味がない、ということです。

検索エンジンにインデックスされていないページは、存在しないのと同じことを意味します。

つまり、人の目から見てどんなにページ数の多いホームページであっても、それぞれの個別記事のページがしっかりと検索エンジンにインデックスされていなかったら、どんなに内部でリンクを張りあっても、効果はまったく見込めません。

ですから、新しいページをホームページに追加した際には、きちんとインデックスさせるよう心がけましょう。

 

また、自分のホームページ内のページが、どれだけ検索エンジンにインデックスされているかを調べるには、「site:」という構文以下に調べたいホームページのURLのhttp://以下の部分を入力するというお話はすでにしましたが、それ以外にも「Yahoo!検索ホームページエクスプローラー」や「Googleウェブマスターツール」を利用するという方法もあります。

ad

ad

-ライバルサイトを追い抜く対策

執筆者:

関連記事

no image

検索エンジンにおけるリンクの役割

そもそも、内部要因であるタグの記述にしろ、キーワード出現頻度の調整にしろ、すべて ホームページ作成者が自分でコントロールできることです。 極端な話、上位に表示されているページをそのまま真似することもで …

no image

効果の高い相互リンクの相手とは

検索結果の上位表示を実現するためには、自分のページの内容と関連するテーマを扱っているホームページからの被リンクを増やすことも非常に重要です。 相互リンクを依頼する際にも、まずは、自分のホームページの内 …

no image

アンカーテキストの内容が上位表示のカギを握る

これから外部最適化のために被リンクの数と質を集めていくわけですが、このときに気を付けるポイントは、「上位表示したいキーワードでリンクをもらう」ということです。 検索エンジンのロボットは、検索順位を決定 …

no image

ライバルページの被リンクの調べ方

ライバルページの被リンクの状態をチェックしましょう。 仮に、ライバルの被リンクの数が100件ということがわかれば、自分のページの被リンクの数を101件以上にすれば、より上位に表示される確率が高まります …

no image

ヤフーカテゴリとページランク

関連するテーマを扱っている相互リンク先のホームページは、ヤフーカテゴリから探す方法でも、比較的スピーディーに見つけることができます。 ヤフーカテゴリは、ヤフーサーファーと呼ばれるスタッフが、登録申請さ …

  • サイトマップがもたらす意外な効果
  • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべて ...
  • HTMLを軽量化する
  • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上 ...
  • 重要部分を強調する
  • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチ ...
  • メールマガジンの発行
  • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売す ...
  • ソーシャルブックマークの利用
  • ソーシャルブックマークサイトは、自分のお気に入りのホームページを、インターネット上で不特定多数の人に公開する目的で使用することができるサイトのことです。 通常であれば、自分がお気に入りとしてブックマー ...