ホームページのSEO対策

ホームページにSEOを施すことで、後発組でも中小企業でも競合を一気に抜き去るWeb戦略を立案できます。ブラックなSEO対策を実施することなく成果を出すために、日夜、検証中!

ライバルサイトを追い抜く対策

相互リンクで被リンクを増やそう

投稿日:

ライバルページの被リンク数がチェックできたら、その数よりもひとつでも多くの被リンクを獲得するようにしていきます。

では自社のホームページの被リンクの数を増やすには、どのような方法があるのでしょうか。

まず考えられる対策が、ホームページのコンテンツ(内容、中身)を、見ている人がリンクを張りたくなるような素晴らしいものにするということだと思います。

 

あなたの会社のホームページを見た人が、「このホームページは、自分のホームページの訪問者にも紹介したい」と思うようなものであれば、自然に被リンクの数は増えていくでしょう。

そうやって、多くの人から評価を受けながら自然に被リンクの数を増やし、その結果、検索結果の上位に表示されるというのが、SEOの理想の姿だともいえます。

 

しかしながら、これはあくまでも理想の話であって、どんなに素晴らしいホームページであっても、そもそも見てくれる人がいなければ、被リンクの数は増えようがないのです。

ただ何もせずに、コンテンツ(内容、中身)を充実させていくだけでは、被リンクの数を増やすには時間がかかりすぎてしまい、これではライバルに勝てる日はいつになったら訪れるのかわかりません。

より早く、検索結果の上位表示を実現するためには、ホームページを作成している人に対して、自分のホームページにリンクを張ってもらう何らかの働きかけをする必要があるということです。

 

まず思いつく相互リンク相手として、取引先や友人のホームページがあります。

日頃から付き合いのある取引先や友人にお願いすればリンクを張ってくれることがほとんどでしょう。

しかし、取引先や自分の友人などからリンクを張ってもらう方法では増やせる被リンクの数に限りがあります。

たとえば、ライバルページの被リンクの数が100件であれば、それを超えるためには、ホームページを作成している101人の知人が必要です。

しかしホームページを作成している知人が100人も200人もいるような人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

そこで、直接の知人ではない人が作成したホームページからどうやったらリンクを張ってもらえるか、ということを考えなければならないのです。

すでにご存知の方も多いとは思いますが、たとえ知らない間柄であっても、メールのやり取りなどを通じて、互いのホームページにリンクを張り合うことはインターネットの世界では一般的な行為になっています。

ですからあなたも、リンクを張ってもらいたいホームページを見つけて、そのホームページの管理人に自分から積極的に相互リンクを依頼するメールを送ることで、被リンクの数を増やしていくことができるのです。

 

これまで、知らない人に相互リンク依頼のメールを送ったことがない方は、とまどうことも多いのかもしれません。

しかし、メールの書き方など一定のマナーを守って依頼すれば、相互にリンクしあうことは相手にとってもメリットのあることなので、喜ばれることも多々あります。

また、私にも経験がありますが、相互リンクをきっかけに、人脈が広がり、ビジネスに発展するということもあるので、積極的に相互リンクの依頼をすることをおすすめします。

もし、あなたのライバルホームページが100件の被リンクをもらっているなら、あなたはそれ以上に相互リンクを獲得できるように相互リンクの依頼メールを送信しましょう。

 

ad

ad

-ライバルサイトを追い抜く対策

執筆者:

関連記事

no image

検索エンジンにおけるリンクの役割

そもそも、内部要因であるタグの記述にしろ、キーワード出現頻度の調整にしろ、すべて ホームページ作成者が自分でコントロールできることです。 極端な話、上位に表示されているページをそのまま真似することもで …

no image

ヤフーカテゴリとページランク

関連するテーマを扱っている相互リンク先のホームページは、ヤフーカテゴリから探す方法でも、比較的スピーディーに見つけることができます。 ヤフーカテゴリは、ヤフーサーファーと呼ばれるスタッフが、登録申請さ …

no image

こちらから張るリンクは100個以内

これまでは、SEOの外部要因の被リンクについてお話してきましたが、最後にその逆の「発リンク」の説明で締めようと思います。 発リンクとはその名の通り、あなたの会社のホームページ側から他のホームページに向 …

no image

相互リンクの成約率を高めるためには

まったく知らない人に対しての相互リンクの依頼は、もともと友人でも知人でもないことを考えると、すべてがうまくいくことはまずありません。 私の経験上、いくら相手にとって印象のよい相互リンク依頼のメールを送 …

no image

ブログの利用

現在、さまざまな会社が、社長ブログやスタッフブログなどの、ブログを活用した情報発信を行っています。 こういったブログの本来の目的は、社長やスタッフの人柄を日記形式のブログで伝えることにより、会社のイメ …

  • サイトマップがもたらす意外な効果
  • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべて ...
  • HTMLを軽量化する
  • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上 ...
  • 重要部分を強調する
  • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチ ...
  • メールマガジンの発行
  • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売す ...
  • ソーシャルブックマークの利用
  • ソーシャルブックマークサイトは、自分のお気に入りのホームページを、インターネット上で不特定多数の人に公開する目的で使用することができるサイトのことです。 通常であれば、自分がお気に入りとしてブックマー ...