ホームページのSEO対策

ホームページにSEOを施すことで、後発組でも中小企業でも競合を一気に抜き去るWeb戦略を立案できます。ブラックなSEO対策を実施することなく成果を出すために、日夜、検証中!

ライバルサイトを追い抜く対策

アンカーテキストの内容が上位表示のカギを握る

投稿日:2014年10月6日 更新日:

これから外部最適化のために被リンクの数と質を集めていくわけですが、このときに気を付けるポイントは、「上位表示したいキーワードでリンクをもらう」ということです。

検索エンジンのロボットは、検索順位を決定するにあたって、「そのページが、どんな言葉でリンクを張られているか」ということも重要視しています。

なぜなら、他のページにリンクを張るときに使う言葉は、リンク先のページの内容を表すことが多いからです。

 

「飛行機についてはこちら」という文章にリンクが張られていれば、当然、リンク先のページには飛行機についての内容が書いてあるでしょう。

また、「飛行機についてはこちら」という文章でリンクを張る場合、通常そのページを見ている人に対して、「飛行機についてはリンク先のページを参照してほしい」という意味合いを持っていると考えます。

ようするに、リンクを支持投票のようなものと考えるのであれば、「飛行機についてはこちら」という文章でリンクを張ってもらうことは、「飛行機」というキーワードに対して票をもらったことになるのです。

 

たとえば同じページの中に、バス、タクシー、新幹線、飛行機とさまざまな内容が書いてあるホームページがあ
るとします。

そのホームページが、多くの人から「飛行機についてはこちら」と「飛行機」というキーワードが含まれる文章でリンクが張られているとすれば、検索エンジンのロボットは、「飛行機」というキーワードで検索されたときに上位にそのホームページを表示しようとするのです。

 

このように、他のページにキーワードを用いてリンクを張るときは、<a href=”リンク先ページのURL” >〜</a>というように記述します。

この<a>タグで囲まれた「〜」の部分を、アンカーテキストと呼びます。

SEO対策を行う上では、「どんなアンカーテキストでリンクを張られているか」が重要になります。

グーグルのサイト所有者向けヘルプのページの中にも、「Googleではページの有効性と関連性を評価する際に、ページ上に記載されているコンテンツだけでなく、そのページを指定しているリンクのアンカーテキストも考慮されます。

ページへのリンクのアンカーテキストに、検索したフレーズと一致する語句が含まれている場合、そのページが検索結果に表示されます」という記述があり、検索結果の順位決定においてアンカーテキストを重視していることがわかります。

 

アンカーテキストが、検索結果の順位決定にどれだけ影響を及ぼすかを示す例として、「18歳未満」と検索したときの検索結果画面を見てみてください。

ヤフー検索、グーグル検索ともに、ヤフーやヤフーモバイル、グーグルのトップページが上位に表示されます。

もちろん、ヤフーやグーグルのトップページが「18歳未満」というキーワードでSEO対策を行っているわけではありません。

それどころか、ページのどこにも「18歳未満」というキーワードの記述は見当たらないでしょう。

では、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

これは、多くのアダルトサイトが「18歳未満の方はこちら」というアンカーテキストで、ヤフーや、ヤフーモバイル、グーグルのトップページにリンクを張っているため起こる現象です。

アダルトサイトは未成年の閲覧を防ぐために、トップページで「あなたは何歳ですか?」という質問をします。

そして「18歳未満」と答えた(クリックした)人をヤフーやグーグルに飛ばします。

その結果、検索エンジンのロボットが、ヤフーなどのホームページは「18歳未満」という検索キーワードに関連性が高いと判断して上位に表示させるようになりました。

グーグルのトップページに関していえば、ページタイトルや本文中のどこにも「18歳」というキーワードすら含まれていないのは、ひと目でわかるでしょう。

まさにアンカーテキストの影響だけで、「18歳未満」というキーワードでの上位表示をしているのです。

 

ad

ad

-ライバルサイトを追い抜く対策

執筆者:

関連記事

no image

相互リンクの成約率を高めるためには

まったく知らない人に対しての相互リンクの依頼は、もともと友人でも知人でもないことを考えると、すべてがうまくいくことはまずありません。 私の経験上、いくら相手にとって印象のよい相互リンク依頼のメールを送 …

no image

こちらから張るリンクは100個以内

これまでは、SEOの外部要因の被リンクについてお話してきましたが、最後にその逆の「発リンク」の説明で締めようと思います。 発リンクとはその名の通り、あなたの会社のホームページ側から他のホームページに向 …

no image

検索エンジンにおけるリンクの役割

そもそも、内部要因であるタグの記述にしろ、キーワード出現頻度の調整にしろ、すべて ホームページ作成者が自分でコントロールできることです。 極端な話、上位に表示されているページをそのまま真似することもで …

no image

相互リンクで被リンクを増やそう

ライバルページの被リンク数がチェックできたら、その数よりもひとつでも多くの被リンクを獲得するようにしていきます。 では自社のホームページの被リンクの数を増やすには、どのような方法があるのでしょうか。 …

no image

ブログの利用

現在、さまざまな会社が、社長ブログやスタッフブログなどの、ブログを活用した情報発信を行っています。 こういったブログの本来の目的は、社長やスタッフの人柄を日記形式のブログで伝えることにより、会社のイメ …

  • サイトマップがもたらす意外な効果
  • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべて ...
  • HTMLを軽量化する
  • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上 ...
  • 重要部分を強調する
  • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチ ...
  • メールマガジンの発行
  • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売す ...
  • ソーシャルブックマークの利用
  • ソーシャルブックマークサイトは、自分のお気に入りのホームページを、インターネット上で不特定多数の人に公開する目的で使用することができるサイトのことです。 通常であれば、自分がお気に入りとしてブックマー ...