*

重要部分を強調する

ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチェック項目です。

 

検索エンジンのロボットに対してウェブページ内で重要視しているキーワードを伝えるために、〈strong〉タグや〈em〉タグを使って、文章内の特定のキーワードを強調する方法があります。

検索エンジンは、これらの強調タグを使って強調しているキーワードは、そのページ内で重要なものと判断するので、上位表示したいキーワードに強調タグを用いることは、SEO対策上有効な手法です。

 

学生時代にノートをとるときに、重要な部分は赤文字で書いたり、アンダーラインをひいたりした経験があると思います。

これはあとからそのノートを見直したときに、そのページでの重要な部分がひと目でわかるように強調するためでした。

これと同じく、HTMLでも重要な部分には強調タグと呼ばれる〈strong〉タグを使用して目立たせることで、検索エンジンに「このキーワードは重要ですよ」とアピールしましょう。

 

ただノートに、あまりにもアンダーラインを引きすぎたり、赤や青などの色文字を使いすぎてしまって、あとから見たときにいったい何が大事なのかわからなかった……という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

強調タグも同じく、1つのページ内で数多く使いすぎると、検索エンジンのロボットがそのキーワードを重要視しなくなる傾向にあります。
SEO対策を行う上では、〈strong〉タグや〈em〉タグは、それぞれ1ページ内で1〜2回の使用にとどめ、そのタグで強調するのは上位表示したいキーワードだけにすることが一般的です。

 

つまり、ライバルページをチェックしたときに、仮にそのページがまったく強調タグを利用していないようであれば、自分のページの本文中で1〜2回ほど、上位表示したいキーワードを強調していきましょう。

 

なお、〈b〉タグも、〈strong〉タグと同じように太字になり、視覚上は強調されます。

しかし、検索エンジンのロボットは、〈b〉タグに関してはただ単にテキストを太字で表示するという意味でしか捉えていません。

このキーワードが重要であるという強調の意味を持たせるならば、〈strong〉タグを利用するほうが適切です。

これと同じくウェブブラウザ上でただ単にテキストを斜体にするだけの目的であれば、〈i〉タグを使っても同じように表示されるのですが、やはり強調という目的を持たせるのであれば、〈em〉タグを使う必要があります。

 

ad

関連記事

no image

わかりやすいタイトルのページを作る

ライバルのホームページのHTMLソースを見る際、まず最初に見るべきポイントは、そのページのタイトルが

記事を読む

no image

ライバルページの手軽な分析方法

ここまで説明してきたタイトルタグや見出しタグなどの書き方は、検索エンジンのロボットにそのページがどう

記事を読む

no image

画像の代替テキストに気を配る

ホームページを作成するにあたり、綺麗なバナー画像を使ったり、デジカメで撮影した写真を掲載することは、

記事を読む

no image

ページ内の見出しを整理する

見出しを表す〈h1〉〈h2〉〈h3〉〈h4〉〈h5〉〈h6〉という表記で表す見出しタグが次の チェ

記事を読む

no image

ライバルページのキーワード出現頻度をチェックする

内部最適化におけるライバルチェックの最後の項目は上位表示したいキーワードの出現頻度になります。

記事を読む

no image

ページへの誘導率を高める

メタタグは、ウェブブラウザ上では直接表示されませんが、検索エンジンのロボットに対 してホームページ

記事を読む

no image

ページ内の重要ポイントにキーワードを配置する

次のチェック項目は見出しタグと同じように、文章の構成を表す役割を持つ段落タグです。 段落タグは

記事を読む

no image

勝つホームページのスタイル

ライバルページのチェック項目は、内部最適化のための項目と外部最適化のための項目に分かれます。

記事を読む

ad

ad

    • サイトマップがもたらす意外な効果
    • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべてのページを一覧で掲載したページのことをいいます。   サイトマップの本来の目的は、訪問者が目当てとする情報を見つけやすくすることですが、検索エンジンのロボットも、各ページのリンクをた...
    • HTMLを軽量化する
    • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上に存在する膨大な数のホームページの中から、検索ユーザーが望むべき検索結果を、迅速に提供するという使命があります。 そのため、HTMLソース内に、ページのデザインのレイアウトのためのテ...
    • 重要部分を強調する
    • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチェック項目です。   検索エンジンのロボットに対してウェブページ内で重要視しているキーワードを伝えるために、〈strong〉タグや〈em〉タグを使って、文章内の特定のキーワードを強調する方...
    • メールマガジンの発行
    • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売するということは、お客様がくるのを待っている状態です。 それに対し、メールマガジンは、読者のメールボックスに直接届けたいときに届けられます。 そのため、新商品の発売時など、短期間で売上...
    • ヤフーカテゴリとページランク
    • 関連するテーマを扱っている相互リンク先のホームページは、ヤフーカテゴリから探す方法でも、比較的スピーディーに見つけることができます。 ヤフーカテゴリは、ヤフーサーファーと呼ばれるスタッフが、登録申請されたホームページをひとつひとつ実際に目視で確認した上で、たとえば釣り具屋のホームページは「フィッシング」というカテゴリというように、あらかじめ人の手によって分類して掲載されているからです。 ...
PAGE TOP ↑