*

HTMLを軽量化する

公開日: : ライバルを完全に抜き去るには

ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。

それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。

検索エンジンには、インターネット上に存在する膨大な数のホームページの中から、検索ユーザーが望むべき検索結果を、迅速に提供するという使命があります。

そのため、HTMLソース内に、ページのデザインのレイアウトのためのテーブルタグが多用されていたり、JavaScriptやCSS(スタイルシート)が大量に記述されているような複雑な構造をもったページよりも、シンプルな構造で、必要なHTMLタグだけを簡潔に記述しているようなページを好む傾向にあります。

 

こういった観点から、SEO対策を行うにあたっては、ページのレイアウトのためにテーブルタグを多用しているのであれば、それをCSSによるレイアウトに変更したり、JavaScriptやスタイルシートを使用する際は、できるだけ外部化を行うことが一般的になっています。

 

たとえば、私のもとに相談に来られたクライアントの方の中にも、SEO対策を全く意識せずに、ホームページ作成ソフトでサイトを作成した結果、<head>から</head>で囲まれた部分(HEAD要素)に、かなり長々とJavaScriptやCSSのコードが記述されてしまっていたということがありました。

 

このような状態だと、検索エンジンのロボットが重要視する項目は、<body>から</body>で囲まれた部分(BODY要素)に記述されていることが大半なのにも関わらず、その部分を読み込むまでに余分なコードを読ませてしまうことになるため、検索エンジンのロボットからは、あまり良い評価は得られないと考えられています。

事実、このクライアントの方に関しては、JavaScriptやCSSのコードを外部化して、HEAD要素を10行程度に軽量化することで、検索順位の向上が見られました。

 

もし、あなたのページが、JavaScriptやCSSのコードを外部化することにより、HTMLを簡潔なものに軽量化できるようであれば、そうすることにより、SEO対策上、より良い効果が期待できるでしょう。

しかし、実際にこういったCSSの外部化の作業を行ってみると、ある程度の知識がなければ、それまでしっかりと表示されていたデザインが崩れてしまうことを繰り返してみたりと、思いのほか時間のかかってしまうのものです。

 

すでにおわかりいただいているように、検索エンジンのロボットは、検索結果の順位決定においては、さまざまな判断基準をもとに、それぞれのページを見ています。

そのため、今回、説明した、JavaScriptやCSSのコードを外部化によるHTMLの軽量化が、技術的に、なかなか実現できなかったり、また、そこに時間がかかりすぎるようであれば、あえて、その対策は諦め、新しいページを追加してコンテンツの充実を図るなど、別の要素でカバーすることを考えるほうが、実際にページに訪問してくれる人のためにも最適な対策になると私は考えています。

 

 

 

ad

関連記事

no image

サイトマップがもたらす意外な効果

自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成す

記事を読む

no image

メールマガジンの発行

インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、

記事を読む

no image

ディレクトリ型検索エンジンへの登録

ディレクトリ型検索エンジンとは、ヤフーカテゴリのように、実際に人間の目でホームページを確認して適切な

記事を読む

no image

別サイトを作ってリンクを張る

検索結果の上位表示を実現するために、自分のページの被リンクを増やす対策のひとつに、上位表示させたいペ

記事を読む

no image

運用歴の長いサイトを利用する

グーグルの検索エンジンは、新しく取得されたドメインで作成されたホームページのドメインを、検索エンジン

記事を読む

no image

ソーシャルブックマークの利用

ソーシャルブックマークサイトは、自分のお気に入りのホームページを、インターネット上で不特定多数の人に

記事を読む

no image

別サイトからリンクを張るときの注意

検索エンジンのロボットは、被リンクを評価するにあたり、IPアドレスも判断材料としています。 つ

記事を読む

no image

相互リンク以外の方法で被リンクを増やすには

た相互リンクという方法は、相手次第のところがあります。 自分のホームページが相手に受け入れられ

記事を読む

ad

ad

    • サイトマップがもたらす意外な効果
    • 自社のホームページ内のページを、より多く検索エンジンにインデックスさせるために、サイトマップを作成する方法をお話します。 サイトマップとは、各ページへのリンクを張った上で、ホームページを構成するすべてのページを一覧で掲載したページのことをいいます。   サイトマップの本来の目的は、訪問者が目当てとする情報を見つけやすくすることですが、検索エンジンのロボットも、各ページのリンクをた...
    • HTMLを軽量化する
    • ホームページの内部要因を改善していくときに、頭においていてほしいことを最後にお話します。 それは、検索エンジンはシンプルな構造のHTMLをより好む、ということです。 検索エンジンには、インターネット上に存在する膨大な数のホームページの中から、検索ユーザーが望むべき検索結果を、迅速に提供するという使命があります。 そのため、HTMLソース内に、ページのデザインのレイアウトのためのテ...
    • 重要部分を強調する
    • ライバルページのHTMLソースを分析するにあたり、本文中で〈strong〉タグなどの強調タグが使われているかどうか、もし使われているのであれば、どのようなキーワードが強調されているかを見ることが次のチェック項目です。   検索エンジンのロボットに対してウェブページ内で重要視しているキーワードを伝えるために、〈strong〉タグや〈em〉タグを使って、文章内の特定のキーワードを強調する方...
    • メールマガジンの発行
    • インターネットマーケティングの手法のひとつに、商品やサービスに関する情報をメールマガジンで発信して、既存客の満足度を高めたり、新規顧客の獲得を行う方法があります。 ホームページで商品やサービスを販売するということは、お客様がくるのを待っている状態です。 それに対し、メールマガジンは、読者のメールボックスに直接届けたいときに届けられます。 そのため、新商品の発売時など、短期間で売上...
    • ヤフーカテゴリとページランク
    • 関連するテーマを扱っている相互リンク先のホームページは、ヤフーカテゴリから探す方法でも、比較的スピーディーに見つけることができます。 ヤフーカテゴリは、ヤフーサーファーと呼ばれるスタッフが、登録申請されたホームページをひとつひとつ実際に目視で確認した上で、たとえば釣り具屋のホームページは「フィッシング」というカテゴリというように、あらかじめ人の手によって分類して掲載されているからです。 ...
PAGE TOP ↑